胃・大腸内視鏡診療に対する安全対策

胃視鏡検査(胃カメラ)を施行する際、患者さんの咳嗽(せき込み)を誘発する場合が少なくありません。飛沫・接触感染のみならず、空気中に排出されエアロゾル化したSARS-CoV-2による空気感染リスクは決して無視できません。さらには糞便からのウイルス排出の可能性も指摘されていますので、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を施行する際も潜在的な感染リスクがあることを常に念頭に置いています。
一方で、COVID-19との戦いが長期に及ぶとはいえ、それとは関係なく胃・大腸内視鏡診療が必要な患者さんはたくさんいらっしゃいます。
したがって、当クリニックでは日本消化器内視鏡学会からの『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への消化器内視鏡診療についての提言』(*)に準じて、患者さんが安心をして安全な内視鏡検査・治療を受けられるよう、下記の事項に十分な配慮・対策を行っていますので、なにとぞご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

1.当スタッフにおける注意事項

胃・大腸内視鏡診療に関わる現場スタッフ(検査医師、介助者)については、飛沫、体液の暴露から身を守るために、スタンダード・プリコーションの概念に基づき、フェース・シールド付きマスク、またはゴーグル+マスク、手袋、キャップ(帽子)、ガウン(長袖)を必ず着用しています。また、各々の検査・治療が終わる度に、手指から肘までしっかり洗浄を行い、前記の個人用防護具(PPE; personal protective equipment)については、患者さん毎に破棄し新しいものに取り換えています。

2.患者さんにおける注意事項

実際に検査を受ける患者さんにご協力をお願いしたい事項としまして、せき込んだり、嘔吐反射が強い時に発せられる飛沫やエアロゾルが、院内感染リスクになり得ますので、検査時も マスクもしくはガーゼ着用 のご協力をお願いしております。
胃内視鏡 (胃カメラ) の前処置の際、咽頭麻酔や鼻孔の麻酔は、検査を行う内視鏡室とは別な部屋 (リカバリー室) 2部屋設けています。スプレーなどを用いた咽頭局所麻酔は、せき込み (咳嗽) を誘発しエアロゾルを発生させるリスクがありますので、当クリニックではビスカスを用いる等、できる限りエアロゾルを発生させない方法を選択していますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
また、SARS-CoV-2は気道分泌物だけでなく、糞便からも分離されますので、トイレの便座やスイッチ類、トイレットペーパーのボックスも消毒の対象となります。したがって、大腸内視鏡 (大腸カメラ) の前後に使用されるトイレについては、便座や触れた箇所の消毒、トイレの蓋を閉めてから汚物を流していただくことを患者さんにも直接お願いしております。
くれぐれもご理解、ご配慮のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

3.内視鏡室の「換気」を徹底

当クリニックの室内換気システムは、常時24時間、機械によって強制的に循環清浄されていますが、内視鏡室および前処置室には、HEPAフィルター方式の空気清浄機クリーン・パーテーションACP-897CH (日本エアーテック) も設置されています。
さらに、各々検査終了時には、外気取り入れによる内視鏡室の十分な換気も行っていますので、「換気」についてはまったく問題ありません。

4.内視鏡スコープ洗浄・消毒の徹底した衛生管理

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)に限らず、内視鏡洗浄で問題となる微生物として,H. pylori,Salmonella spp.,Pseudomonas aeruginosa, B型肝炎ウイルス,C型肝炎ウイルスなど、これまで機器を介した院内感染が報告されています。したがって、厳格な消毒・洗浄の規範が求められて当然なわけですが、内視鏡スコープの洗浄・消毒法については各々、医療機関によって差があるのも事実です。
当クリニックでは、日本消化器内視鏡学会『消化器内視鏡の洗浄・消毒標準化にむけたガイドライン』(*)に準じて、徹底的な衛生管理に努めています。消毒薬については、もっとも強力な抗菌作用を示す過酢酸を用いた高水準消毒を行える内視鏡洗浄・消毒システムESR-200 (富士フイルム)を採用していますので、くれぐれもご安心ください。

脚注・リンク等