新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する、
東京目白クリニックの院内感染防止対策について

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) の主な感染経路は飛沫感染、接触感染が基本です。さらには、世界保健機関(WHO)や米国疾病予防管理センター(CDC)より空気感染 (飛沫核感染) の可能性についても言及されています。
当クリニックは、がん診療と消化器病診療の専門クリニックであり、発熱外来やかぜ症状などを診る一般内科診療は行っておりません。したがって、総合的な内科診療を実施されている医療機関と比べますと、当クリニックでの新型コロナウイルス院内感染リスクは極めて低いものと推察されます。しかしながら、ご来院していただく患者さんには少しでも不安を与えないよう、また無症状の感染者が紛れていることも前提としたうえで、以下にお示しする内容のごとく、最大限の感染防止対策に努めています。なにとぞ、ご理解ならびにご協力のほどどうぞ宜しくお願いいたします。

1.事前問診、適切なトリアージの徹底

事前問診で確認された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ハイリスク分類に相当する下記の患者さんは、誠に申し訳ありませんが、当クリニックでの診療はご遠慮いただいております。院内感染防止対策の観点から、ぜひともご理解のほどよろしくお願いいたします。

  1. 咳、のどの痛み、発熱、関節痛などのかぜ (感冒) 症状、息苦しさ(呼吸困難感)、強いだるさ(倦怠感)などの症状がみられる方。
  2. 新型コロナウイルス患者やその疑いのある患者との濃厚接触歴が、2週間以内にある方。
  3. 明らかな原因がなく味覚・嗅覚異常のある方。
  4. 明らかな原因がなく急に4~5日間続く下痢症状のある方。

上記に相当する症状が消失してから2週間経過した後、あるいは新型コロナウイルス感染が「陽性」と判明された方は、2週間経過をみてから上記症状が消失していることを確認した後、3日間(72時間)を待ってからのタイミングで診察可能とさせていただいております。
当然ではありますが、当クリニックのスタッフが感染源とならないよう、健康管理の徹底を常時から教育しておりますのでご安心ください。

2.来院者には、土足厳禁、来院時の手指消毒・うがい、常時マスク着用の徹底をお願いしております。

来院時には先ず、必ずうがいをしていただいています。
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)はエンベロープを有するため、擦式アルコール⼿指消毒はとても有効です。また、万がいちマスクご持参をお忘れの方は、受付で配布いたしますので、院内でのマスク着用の徹底のほどよろしくお願いいたします。
院内は、土足厳禁でありスリッパを履いていただいています。患者さんが入れ替わるタイミングで、ご使用いただいた共用スリッパ、椅子や机、手すり等は、スタッフが頻繁にアルコール消毒を行います。共用ではなく個別のスリッパを希望される方は、受付までお申し出ください。簡易スリッパを準備してありますので、別途ご購入していただいています。
また、新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) は気道分泌物だけでなく、糞便からも分離されますので、使⽤したトイレの便座やスイッチ類なども消毒の対象となります。患者さんには、使用の際、手洗いと手指消毒、およびトイレの蓋を閉めてから汚物を流していただくことをお願いしております。

3.新型コロナウイルス感染制御に対する「換気」の徹底

東京目白クリニックの室内換気システムは、『ロスナイ』(三菱電機)という新しい設備を採用しています。
常時24時間、クリニック室内空間は機械によって強制的に循環清浄されていますのでご安心ください。ちなみに、厚生労働省より推奨されている必要換気量は、「一人あたり毎時30m3 が確保されていること」(※文末PDF参照)とされていますが、当クリニック設備は十二分に条件を満たしています。
また、待合室には、HEPAフィルター方式の空気清浄機クリーン・パーテーション ACP-897CH(日本エアーテック)も設置することで、室内空気のさらなる清浄向上に努めています。さらには、定期的に外気取り入れによる室内換気も併用していますので、「換気」についてはまったく問題がなく、くれぐれも安心してご来院ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000618969.pdf

胃・大腸内視鏡診療に対する安全対策

胃・大腸内視鏡診療に対する安全対策はこちらをご参照ください。