大場院長が、大腸がん肝転移治療戦略について教育講演をしました

第16回千葉県大腸疾患研究会で、主に千葉県のがん診療に携わっている内科、外科の先生方を対象に教育講演を行いました。

千葉大学 食道・胃腸外科 教授 松原久裕 先生、東京女子医科大学 化学療法科・緩和ケア科 准教授 倉持英和 先生にご招聘いただき、真にあきらめない「大腸がん肝転移」治療戦略について、僭越ながら学術講演をさせていただきました。ひとりでも多くの患者さんの笑顔に繋がってほしいと願います。