• 施設

    施設情報

     

セカンド・オピニオンとは

がんという人生一大事の場面で、患者さんが納得のいく意思決定ができるように、現在診療を受けている主治医のファースト・オピニオンとは異なる別の医師に、「第二の意見」を求めることです。
現在の主治医から説明された診断や治療方針について、説明内容がよくわからない、納得のいかないこともあるかもしれません。
あるいは、「他にもっとよい治療法はないのか」と思われる場合もあるでしょう。

セカンド・オピニオンを受けることで、今ある主治医の意見を別の角度からも検討することができ、もし同じようなオピニオンが説明された場合でも、それは決して無駄ではなく、治療に対する理解や安心が深まるきっかけにもなります。
また、別の治療法が提案された場合には、治療選択の幅が広がることで、意思決定の質を高め納得した治療を選択できることにも繋がるでしょう。

主治医に嫌な思いをさせて失礼だとか、転院が前提だと思われている方もいらっしゃいますが、決してそうではありません。
現在の主治医になんら遠慮する必要はなく、セカンド・オピニオンは自身の唯一のがんについて正しいレベルで、しっかり考える機会を得ることができ、納得して治療を受けるための患者さんの「当然の権利」です。
そうはいっても、進歩する医学に謙虚さを欠き、いまだに自分が絶対だと勘違いしている自信過剰な医師の中には、セカンド・オピニオンを好ましく思わない者もいるのは事実でしょう。
医師は自分の専門や能力の範囲を心得ていることも必要であり、患者さんの抱えているがんが自分の専門外である場合や、自己の能力に限界を感じた場合には、ためらうことなく他の専門医師へ紹介をしなければなりません。
自身の治療について正しく考えることの基準を教えてくれる絶好の機会として、気後れすることなくセカンド・オピニオンを大いに活用することは非常に大切です。

センターエントランス
センター会議室

当センターだからできること

  1. 東京大学医学部附属病院在職中は、院内のがん治療マネージメントやスタッフ教育の中心的役割を担い、また全国の医師を対象とした多くの教育講演活動を行ってきた実績があります。その中で、最善の医療を熟知しており、さらには様々ながん治療分野のエキスパート達とも密なネットワークを築くことができました。セカンド・オピニオンの結果、希望されれば、病気の状況に応じたベストな医師をご紹介することも可能です。
  2. 外科医と腫瘍内科医としての両方の専門医資格を有しているため、外科や内科といった一つの専門性に偏らないで、様々な観点から、ひとりひとりの患者さんにとっての最善策を見出すことが可能です。
  3. 帯同されるご家族のご都合にも配慮し、土日・祝日の相談も可能です。
  4. 当センターの受診タイミングは、治療選択決定のいち時期のみならず、あらゆる場面においてご相談を受け付けています。
  5. 主治医とのコミュニケーション不足の場合も配慮して、診療情報提供書や検査結果・画像などのデータの持参を省略することも可能です。
  6. 医療訴訟目的や、裁判係争中に関するご相談も、客観的な評価を仰ぎたい場合には受け付けます。