• 施設

    施設情報

     

代表挨拶

私は、手術や抗がん剤による治療、緩和ケアまでも実践しながら、これまでに数えきれない多くのがん患者さんたち、そしてそのご家族の方々たちと嘘ごまかしなく真摯に対峙してきました。
前向きに治療を頑張ることで幸いにしてがんを完治することができる方もいれば、治るまでに至らなくても、よりよい人生を過ごすために一生懸命がんと闘っている方もいます。
最期は穏やかな表情で周囲に感謝の気持ちを告げながらこの世を去られた高潔な患者さんも多くいらっしゃいました。

医学がいくら進歩したとはいえ、がんという病気は不確かなことが多く、必ずしも期待通りの結果に至らないことも少なくありません。
しかし、だからこそ前向きに最善の行動を実践していくことこそが、叡智ある人間の理性的営みではないでしょうか。
千差万別の人生観や死生観が交錯する中でも、医療を信じ、主治医を信頼し、「がんを治したい」「1日でも自分らしく長生きしたい」といった想いで全身全霊を傾けてくる患者さんに対して最善を尽くすことは、プロフェッショナルな医師として当然の使命です。
外科医と腫瘍内科医の両方の顔を持つ医師として、これからも生涯を通じ、不安だらけのがん患者さんと精一杯真摯に向き合っていく次第です。
ひとりでも多くの患者さんやご家族にとって、当センターが「がん」という厳粛な現実と前向きに賢く闘っていけるための手助けになれることを切に願います。

東京オンコロジーセンター
代表 医学博士 大場 大

大場大 スーツ

代表略歴

  • 平成11年:金沢大学医学部を卒業。同年4月より金沢大学第二外科学教室に入局。
  • 平成19年:金沢医科大学消化器外科学教室 助教
  • 平成21年:がん研有明病院化学療法科
  • 平成23年:東京大学肝胆膵外科学教室 助教
  • 平成27年:東京オンコロジーセンター 開設

取得資格

  • 医学博士
  • 日本外科学会認定 外科専門医
  • 日本外科学会認定 外科指導医
  • 日本消化器外科学会認定 消化器外科専門医
  • 日本消化器外科学会認定 消化器外科指導医
  • 消化器がん外科治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会認定 がん薬物療法専門医
  • 日本臨床腫瘍学会認定 指導医
  • 日本がん治療認定医機構 日本がん治療認定医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医
  • 日本消化器病学会認定 消化器病専門医
  • 日本内視鏡学会認定 内視鏡専門医

著書

  1. 大場先生、がん治療の本当の話を教えてください(扶桑社) [New]
  2. 脱・近藤誠理論のがん思考力(青灯社) [New]
  3. がんとの賢い闘い方 「近藤誠理論」徹底批判 (新潮新書)
  4. 東大病院を辞めたから言える「がん」の話 (PHP新書)
  • 大場先生、がん治療の本当の話を教えてください

    大場先生、がん治療の本当の話を教えてください
    (扶桑社)

  • 脱・近藤誠理論のがん思考力

    脱・近藤誠理論のがん思考力
    (青灯社)

  • がんとの賢い闘い方 「近藤誠理論」徹底批判 表紙

    がんとの賢い闘い方 「近藤誠理論」徹底批判
    (新潮新書)

  • 東大病院を辞めたから言える「がん」の話 表紙

    東大病院を辞めたから言える「がん」の話
    (PHP新書)

メディア対応

  1. ONCOLO Meets Cancer Experts 2018 【第30回】がん医療情報
  2. BuzzFeed NEWS
  3. 『週刊ダイヤモンド』 2018年3月17日号 (がん医療の表と裏)
  4. デイリー新潮 (2018年1月30日掲載)
  5. 『週刊新潮』 2017年8月31日号
  6. 毎日新聞 (2017年8月20日付 朝刊)
  7. 内閣府所轄公益財団法人 札幌がんセミナー SCS コミュニケーション No.11
  8. 『週刊新潮』 2017年7月6日号
  9. 『iRONNA』(http://ironna.jp/article/7002)
  10. 産経新聞(2017年5月11日付 朝刊)
  11. 『週刊新潮』 2017年 5/4・11合併号(ゴールデンウイーク特大号)
  12. 『エキスパートナース』 2017年4月号
  13. 『週刊新潮』 2017年3月30日号
  14. 『週刊新潮』 2017年3月2日号
  15. 『プレジデント』(2017.2.13号)
  16. 毎日新聞(2017年1月19日付 夕刊)
  17. 産経新聞(2016年12月31日付 朝刊)
  18. 『週刊新潮』(2016年12月8日号)
  19. 『夕刊フジ』(2016年12月1日発行)
  20. 『FLASH』(2016年7月19・26日号、8月2日号)
  21. 『週刊大衆』 (五月九・十六日号) 特集「日本全国がんに効く病院」
  22. 毎日新聞 朝刊 平成28年3月24日付 「くらしナビ 医療・健康」(http://mainichi.jp/articles/20160324/ddm/013/100/038000c)
  23. 市民のためのがん治療の会(http://www.com-info.org/ima/ima_20160309_ooba.html)
  24. 『VOICE(ヴォイス) 』(2016年4月号)
  25. 『週刊新潮』(2016年2月11日号)
  26. PHP Online 衆知 http://shuchi.php.co.jp/article/2691
  27. 『iRONNA』(http://ironna.jp)
  28. 『週刊新潮』(2015年11月26日号)
  29. 『女性セブン』(2015年11月19日号)
  30. 『日刊ゲンダイ』(2015年10月26日発行)
  31. 『がんサポート』(2015年11月号)
  32. 『がんサポート』(2015年10月号)
  33. 『週刊新潮』(2015年 9月3日号)
  34. 『週刊文春』(2015年 8月13日・20日 夏の特大号)
  35. 『週刊新潮』(2015年 7月9日号)

英語論文業績

  1. Ingestion of thioproline suppresses rat esophageal adenocarcinogenesis caused by duodenogastroesophageal reflux. Oncol Rep. 2007 Dec;18(6):1443-9.
  2. Chemoprevention of glandular stomach carcinogenesis through duodenogastric reflux in rats by a COX-2 inhibitor. Int J Cancer. 2008 Oct 1;123(7):1491-8.
  3. A case of lymphocytic mastopathy requiring differential diagnosis from primary breast lymphoma. Breast Cancer. 2009;16(2):141-6.
  4. A selective cyclooxygenase-2 inhibitor prevents inflammation-related squamous cell carcinogenesis of the forestomach via duodenogastric reflux in rats. Cancer. 2009 Jan 15;115(2):454-64.
  5. Irinotecan monotherapy offers advantage over combination therapy with irinotecan plus cisplatin in second-line setting for treatment of advanced gastric cancer following failure of fluoropyrimidine-based regimens. Oncol Lett. 2011 Mar;2(2):241-245.
  6. Availability of irinotecan in a second-line setting confers survival benefit to patients with advanced gastric cancer refractory to fluoropyrimidine-based regimens. Oncol Lett. 2011 Mar;2(2):247-251.
  7. Detection of circulating tumor cells in peripheral blood of heavily treated metastatic breast cancer patients. Breast Cancer. 2011 Jul;18(3):195-202.
  8. Perioperative chemotherapy and liver resection for hepatic metastases of colorectal cancer. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2012 Sep;19(5):503-8.
  9. Evaluation of the safety and efficacy of simultaneous resection of primary colorectal cancer and synchronous colorectal liver metastases. Surgery. 2014 Mar;155(3):478-85.
  10. Discrepancy between recurrence-free survival and overall survival in patients with resectable colorectal liver metastases: a potential surrogate endpoint for time to surgical failure. Ann Surg Oncol. 2014 Jun;21(6):1817-24.
  11. Surgical resection for local recurrence after radiofrequency ablation for colorectal liver metastasis is more extensive than primary resection. Scand J Gastroenterol. 2014 May;49(5):569-75.
  12. A combination of oral uracil-tegafur plus leucovorin (UFT + LV) is a safe regimen for adjuvant chemotherapy after hepatectomy in patients with colorectal cancer: safety report of the UFT/LV study. Drug Discov Ther. 2014 Feb;8(1):48-56.
  13. Cetuximab for resectable colorectal liver metastasis: new EPOC trial. Lancet Oncol. 2014 Jul;15(8):e305-6.
  14. Radiological Morphology of Colorectal Liver Metastases after Preoperative Chemotherapy Predicts Tumor Viability and Postoperative Outcomes. J Gastrointest Surg. 2015 Sep;19(9):1653-61.
  15. Repeat resection leads to long-term survival: analysis of 10-year follow-up of patients with colorectal liver metastases. Am J Surg. 2015 Nov;210(5):904-910.
  16. Survival benefit of repeat resection of successive recurrences after the initial hepatic resection for colorectal liver metastases. Surgery. 2016 Feb;159(2):632-640.
  17. Cetuximab treatment for metastatic colorectal cancer with KRAS p.G13D mutations improves progression-free survival. Mol Clin Oncol. 2015 Sep;3(5):1053-1057.
  18. CD133 Expression at the Metastatic Site Predicts Patients' Outcome in Colorectal Cancer with Synchronous Liver Metastasis. Ann Surg Oncol. 2016 Jun;23(6):1916-23.
  19. Phase 1 study on S-1 and oxaliplatin therapy as an adjuvant after hepatectomy for colorectal liver metastases. Invest New Drugs. 2016 Aug;34(4):468-73.
  20. Adjuvant Oral Uracil-Tegafur with Leucovorin for Colorectal Cancer Liver Metastases: A Randomized Controlled Trial. PLoS One. 2016 Sep 2;11(9):e0162400.

最近5年間の和文論文業績

  1. [悪性腫瘍の抗体療法の現状と展望] 胃癌の抗体療法 (解説/特集)
    血液フロンティア20巻9号 1339-1347, 2010
  2. [最新・消化器がん化学療法と有害事象へのかかわり方] 食道がん(解説/特集)
    消化器肝胆膵ケア16巻1号 9-13, 2010
  3. [大腸がんの最新トピックと看護] めまぐるしい変化をとげる化学療法とケア大腸がんに対する最新の代表的化学療法レジメン(解説/特集)
    がん看護15巻4号 423-426, 2010
  4. 『肝細胞癌』 (特集) 癌化学療法のエビデンス 消化器外科35: 965-975, 2012
  5. 大腸癌肝転移に対するneo-adjuvant therapy 臨床雑誌『外科』第74巻 第9号, 943-949, 2012
  6. Current Organ Topics 『大腸癌』切除可能肝転移に対する補助化学療法は必要か?癌と化学療法40: 1464-1468, 2013
  7. 【大腸がん治療の最前線:進行・再発大腸がんの治療戦略】切除可能な肝転移予後の向上を目指した新たな補助化学療法有用性の検証に向けて 癌の臨床 60巻2号, 163-170, 2014
  8. 大腸癌肝転移up to date 大腸癌肝転移にラジオ波焼灼療法は行うべきか 臨床雑誌『外科』 第75巻 第8号 834-839, 2013
  9. 消化器病診療 (第2版) 『転移性肝癌』日本消化器病学会編 200-203
  10. 『ガイドラインサポートハンドブック大腸癌2014年版』切除可能/切除不能を判断するための画像診断のポイント 139-140
  11. 『ガイドラインサポートハンドブック大腸癌2014年版』肝転移巣に対する熱凝固療法の位置づけ 141-142
  12. 大腸がん肝転移切除後の術後補助化学療法 腫瘍内科 13巻第2号 270-278
  13. がんの薬物療法マニュアル 2版 共同執筆 中外医学社
  14. 最新臨床大腸癌学-基礎研究から臨床応用へ-大腸癌肝転移に対する熱凝固療法の位置づけ 日本臨床 73巻増刊号4, 425-430, 2015
  15. 大腸がん治療-最新の話題から- 大腸がん治療におけるconversion therapyの有効性はどこまで解明が進んでいるのか? 臨床腫瘍プラクティス Vol.11 No.2 130-134, 2015

最近5年間の学会発表 (筆頭のみ)

  1. 『進行胃癌2次化学療法におけるirinotecan (CPT-11) 治療意義』第8回日本臨床腫瘍学会学術集会JSMO 2010.3 (東京).
  2. 『進行胃癌における2nd-line化学療法としてのirinotecanの有効性と実用性に関する後向き研究 (Irinotecan as 2nd-line chemotherapy in advanced gastric cancer: Retrospective study of efficacy and feasibility in clinical practice)』第18回日本消化器関連学会週間JDDW 2010.10 (横浜).
  3. 『進行胃癌2次化学療法に対する治療戦略; Irinotecan使用の意義 (Availability of irinotecan in second-line setting confers survival benefit in patients with advanced gastric cancer refractory to fluoropyrimidinebased regimens)』第83回胃癌学会総会 2011.3 (三沢).
  4. 『Significantly higher pathologic complete response (pCR) rate after neoadjuvant chemotherapy using anthracycline-based regimen followed by taxnane combined with trastuzumab in HER2 positive breast cancer with lymphnode involvement』 第9回日本臨床腫瘍学会学術集会JSMO 2011.7 (横浜).
  5. 『Second-line settingでのCPT-11の利用は進行性胃癌の生存率を向上させる(Availability of CPT-11 in second-line setting provides survival benefit for advanced gastric cancer)』第66回日本消化器外科学会総会2011.7 (名古屋).
  6. 『大腸癌肝転移切除後の補助化学療法の有用性』第73回日本臨床外科学会総会 シンポジウム 2011.11 (東京).
  7. 『大腸癌肝転移切除後に対する術後補助UFT/LV療法の多施設共同ランダム化第Ⅲ相比較試験におけるfeasibility中間報告』 第76回大腸癌研究会 2012.1 (宇都宮).
  8. 『大腸癌肝転移切除におけるこれまでの術前治療の意義 ?survival benefitの観点から-』第24回日本肝胆膵外科学術集会 シンポジウム 2012.5 (大阪).
  9. 『大腸癌肝転移に対する肝切除前治療の功罪と新たな治療戦略への提言』第48回日本肝臓学会総会 シンポジウム 2012.6 (金沢).
  10. 『切除可能な大腸癌肝転移を対象とした第III相試験の最適なprimary endpointは?』第10回日本臨床腫瘍学会学術集会 シンポジウム 2012.7 (大阪).
  11. 『“転移個数5個以上”は肝切除に対するcontraindication因子とするべきではない』第25回日本肝胆膵外科学術集会 シンポジウム 2013.6 (宇都宮).
  12. 『大腸癌肝転移に対する術後補助化学療法がもたらすものとは?』第21回日本消化器関連学会週間JDDW シンポジウム2013.10 (東京).
  13. 『How does adjuvant chemotherapy after resection of colorectal liver metastases provide long-term survival benefits ?』第51回日本癌治療学会学術集会 シンポジウム2013.10 (京都).
  14. 『大腸癌肝転移の臨床的behaviorの理解と礎となるsurgical oncologyについて』第69回日本消化器外科学会総会 シンポジウム 2014.7 (郡山).
  15. 『The necessary principle of surgical oncology for management of colorectal liver metastases進歩した化学療法時代においても礎となる Surgical Oncology』第12回日本臨床腫瘍学会学術集会 シンポジウム2014.7 (福岡).

特別講演

  1. 第52回 日本医科大学武蔵小杉病院キャンサーボード勉強会
    『未熟ながんリテラシー国家における、がん専門医療従事者としての使命』
    2017.6 (川崎)
  2. 福井赤十字病院 地域がん診療研修会
    『がん予防・早期診断・治療のリスクベネフィットバランスと、医療人にとって重要な批判的吟味』
    2017.5 (福井)
  3. 第31回 札幌冬季がんセミナー
    いまがんを考える2017 -新時代のがん診療と諸問題・子供へのがん教育-
    がんリテラシ ー教育の実践 -がん治療専門医としての新たな取り組み-
    2017.1 (札幌)
  4. 東京東ロータリークラブ例会卓話
    脱・近藤誠理論のがん思考力 - 思考停止からの脱却を目指して -
    2016.11 (東京 ホテル ニューオータニ)
  5. グロービス経営大学院第5回こーらぼ
    がん治療のプラットホームを街角へ
    2016.11 (東京 グロービス)
  6. 富山県泌尿器科医会 学術特別講演会
    脱・近藤誠理論のがん思考力
    2016.10 (富山)
  7. 平成27年度 神奈川県 設置者・校長研修会
    がんリテラシーに必要な思考 -東大病院を辞めたから言える「がん」の話-
    2016.3 (横浜)
  8. 第6回日本臨床腫瘍学会北海道地区セミナー
    がんリテラシーに必要な思考 -近藤誠氏との対峙をふまえて-
    2016.2 (札幌)

教育講演

  1. 『最適な大腸がん肝転移治療戦略~Surgical oncology の観点から~』武田薬品工業株式会社全国web講演2014.9 (東京)
  2. 『とりあえずの化学療法になっていませんか?治癒が目指せる大腸がん肝転移』第39回日本外科系連合学会学術集会 ランチョンセミナー 2014.6 (東京)
  3. 『大腸癌治療の進歩~早期から進行まで~』第53回日本消化器がん検診学会総会 ランチョンセミナー 2014.6 (福井)
  4. 『Stage IVでも‘治す’を念頭においた大腸癌肝転移治療戦略』
    第51回日本癌治療学会学術集会 スポンサード・シンポジウム 2013.10 (京都).
  5. 『分子標的薬時代による肝切除の例証』
    第46回制癌剤適応研究会 シンポジウム 2013.3 (軽井沢).
  6. 『“Conversion therapy”という治療戦略 -コンセプトと実践のジレンマ-』
    第50回日本癌治療学会学術集会 スポンサード・シンポジウム 2012.10 (横浜)

医師向け全国講演

  1. 東京女子医科大学病院 (東京) 2015.6.23.
  2. サーウィンストンホテル (愛知県名古屋市) 2015.3.26.
  3. 獨協医科大学越谷病院 (埼玉県越谷市) 2015.3.19.
  4. ホテル・アゴーラリージェンシー堺 (大阪府堺市) 2015.2.27.
  5. ホテルラングウッド (東京) 2015.2.20.
  6. ヴィアーレ大阪 (大阪府大阪市) 2014.11.22.
  7. ザ・リッツ・カールトン東京 (東京) 2014.11.12.
  8. 唐津赤十字病院 (佐賀県唐津市) 2014.10.22.
  9. ホテルクラウンパレス小倉 (福岡県北九州市) 2014.10.16.
  10. 名古屋マリオットアソシアホテル (愛知県名古屋市) 2014.8.1.
  11. オークカナルパークホテル富山 (富山県富山市) 2014.5.16.
  12. リファーレ金沢 (石川県金沢市) 2014.3.7.
  13. グランドホテル浜松 (静岡県浜松市) 2014.3.3.
  14. 東京ドームホテル (東京) 2014.2.21.
  15. 東京ガーデンパレス (東京) 2014.2.20.
  16. パレスホテル東京 (東京) 2014.2.17.
  17. 旭川グランドホテル (北海道旭川市) 2014.2.14.
  18. 福井商工会議所 コンベンションホール (福井県福井市) 2014.1.10.
  19. 東京ガーデンパレス (東京) 2013.12.5.
  20. 旭川グランドホテル (北海道旭川市) 2013.11.8.
  21. ホテル アソシア豊橋 (愛知県豊橋市) 2014.11.1.
  22. 西尾市民病院 (愛知県西尾市) 2013.10.17.
  23. からすま京都ホテル (京都府京都市) 2013.9.20.
  24. 芙蓉閣 (宮城県大崎市) 2013.9.3.
  25. ヒルトン福岡シーホーク (福岡県福岡市) 2013.8.10.
  26. メトロポリタン仙台 (宮城県仙台市) 2013.8.7.
  27. ウェデイングエルティ (福島県福島市) 2013.8.2.
  28. 横手セントラルホテル (秋田県横手市) 2013.6.28.
  29. 刈谷市総合文化センター(愛知県刈谷市) 2013.6.14.
  30. 千里阪急ホテル (大阪府豊中市) 2013.3.22.
  31. ホテルニューオータニ東京 (東京) 2012.11.3.
  32. 東京ガーデンパレス (東京) 2012.9.26.
  33. 吉祥寺第一ホテル (東京) 2012.9.6.
  34. 東京ドームホテル (東京) 2012.9.2.
  35. 東京ドームホテル (東京) 2012.3.12.

他、武田薬品工業株式会社、中外製薬株式会社、ブリストル・マイヤーズ株式会社、メルクセローノ株式会社、大塚製薬株式会社 社外学術講師歴